メニュー

院内処方と院外処方のちがい

当院では、患者さんの利便性のため、院内処方を採用しています。院外薬局で薬を受け取るより支払いが一度で済み、手間と時間が省けます。利便性がよいだけでなく、自己負担額が安くなります。
 
例えば高血圧と高脂血症で飲み薬2剤(内服)14日分、腰痛で湿布薬(外用薬)を処方した場合
院外薬局の場合
医院の処方せん料 680円
調剤薬局
調剤料(内服)1,260円 調剤料(外用)100円 調剤基本料 410円 薬剤服用歴管理指導料 410円
院外処方料合計 2,860円
窓口負担額は3割負担の場合 860円+薬剤料がかかります。
 
院内処方の場合
医院の調剤料(内服・頓服)90円 調剤料(外用)60円 処方料420円 調剤技術基本料80円 薬剤情報提供料100円 手帳記載加算30円
院内処方料合計 780円
3割負担の場合 230円 + 薬剤料の支払いになり 630円安くなります。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME